カテゴリ

カテゴリ:スピーカー

カテゴリ:
先日のタイムセール時にAmazon Echo Show 5を2台、それより前にTP-Link Tapo C200ネットワークWi-Fiカメラを購入しました。

Tapo C200は父にせん妄が出始めて突然外に出てしまうことが出てきたので、
いつでも確認できるように購入したものですが間に合わず。。。

なのでしばらくは自宅に設置していましたが、
母も歳なのとショックも大きいのと私も心配なのでこちらも実家へもっていき、
Amazon Echo Show 5 x1台を私の家に、残りを実家の1階と2階に設置しました。

Tapo C200のほうは猫も常時いる2階へ設置、
エコーショー5は1階のキッチンに設置しました。

Tapo C200はエコーと違い夜もきれいにうつります。
遠隔で角度、高さ調整もでき画質もきれいですが、音声は悪いので見守りカメラ的な位置付けです。

エコーショー5のほうはルーティンで「アレクサ、おはよう」と「アレクサ、おやすみ」を言うと
lineへ自動的に私にメッセージが届くようIFTTT経由にて設定しました。
エコーショー5は録画はできないけれど、登録と設定さえすればお互い呼びかけでビデオ通話を自動的に始めることもできます。
朝と夜にメッセージが届き、ビデオ通話もできてお互い安心なのと安否確認にもなります。

何もないことが一番ですが、父が亡くなったことで、
何かあったら、何かある前にできることをお互い考えこのような形となりました。
エコーショー5のほうは安くなっていたのも購入の決め手でした。
どちらもそれぞれいいところがあり購入してよかったです。

ただ、Google home miniとAmazon echo両方持っている私の個人的意見としては、
反応の良さはGoogleのほうがいいです。
Googleは離れた場所からでも反応してくれますが、Amazonは近いところからでも反応しないときがあります。
ただ、母の使用用途が限られていること、安さ、呼びかけで自動的にビデオ通話ができるというメリットのほうが大きいのでAmazonのほうにしました。

便利な世の中に感謝です。

Google Home Miniの壁掛けホルダー購入

カテゴリ:
去年お安くなっている時にGoogle Home miniを購入し寝室に設置していました。
コード類が邪魔だったので先日Amazonで壁掛け用のホルダー購入し設置しすっきりしました。
GoogleHomeMini
ホルダーについては900円弱で購入できるのでとてもおすすめです。

エアコンのコンセント部分に設置しているのですが、ちょうどエアコンのホースとぶつかるため
コンセント部分が下でMini部分が上という状態になっていますが、問題なく使用できています。

また、Goggle Home Miniは寝室、Amazon Echoはリビングにあるのですが、
Miniのほうが遠くからでも聞き取ってくれます。
Echoも遠くからでも聞き取ってくれますがかなり大きい声で伝える必要があります。
聞き取りに関してはMiniのほうが優秀かなと思います。

それからMiniは英語、日本語両方対応可能というのも優秀です。
また、音楽はBluetoothスピーカーから、日々のやりとりはMini経由のところも気に入っています。
EchoはBluetoothスピーカーにつなぐとすべてのやりとりがBluetoothスピーカー経由になります。
Echo自体のスピーカーの音質はそれほど悪くないので、
EchoについてはBluetoothスピーカーなしでそのまま使用中です。

最近はEchoの聞き取りが悪いため、
Miniへ指示したりと状況によって使い分けていますが、どっちも便利に変わりはありません。
なのでどちらも購入してよかったという思う商品です。

Google Home Mini 専用壁掛けスタンド
by カエレバ

TV & サウンドバー購入

カテゴリ:
2
2006年に購入したプラズマテレビTH-42PX60。
エアコンをつけてもテレビ周辺が暑い。
暑いのが苦手なので10年経ったころから夏がくる度そろそろ買い替えようと思って早2年。
故障していませんが、今年こそはこの発熱(放熱)とおさらばしたい!
という気持ちが強くやっと買い換えました。

買い換えたのはVIERA TH-55EX750

PANASONIC TH-55EX750 VIERA [55V型 地上・BS・110度CSデジタル4K対応LED液晶テレビ]
by カエレバ

あのモアモアとした暑さはなくなり今年から快適に過ごせそう。
12年ぶりのテレビ買い替えは暑さ軽減だけではなく、
薄さ、リモコンの操作反応も速くなり、Wifi接続も可能、そしてVODの充実っぷり。
AmazonのFire TVも持っていますが、買い換えてからはテレビのVODしか使用していません。
地デジはほぼ見ておらずVODメインなので大満足。

そして、7年前に購入したスピーカーとアンプBOSE AM-10IV&TX-SA608ですが
センタースピーカーから音が出ないことが度々発生したこともあり、
これらは業者に買い取ってもらいテレビ買い替えのタイミングでサウンドバーも購入しました。

サウンドバーはYAS-207
ヤマハ YAS-207 フロントサラウンドシステム
by カエレバ

テレビ購入時に家電量販店の担当者におすすめされたのがこれで、合わせて購入しました。
家で使用してみてコードレスという点で見た目きれいになったのですが、
リアル5.1からバーチャルとなったので音質的に物足りなく感じました。
最近は少し慣れてきましたがどうしても気になるようであれば買い替え考えるかもしれない・・・。

JBL Flip3をAmazon Echoアレクサと接続

カテゴリ:
おととし購入したJBL Flip3
ステレオにできるということで2台購入しましたが、
内蔵バッテリー使用だと一定時間使用していないと自動的に電源オフになります。
再度2台でステレオ接続するには、両方の電源ボタンを押して、接続ボタンを押す必要があります。
たったこれだけの作業なのですが、面倒くさくなり1台のみで使用していました。

Amazon Echoを購入してからは音楽やラジオ、
またタブレットとペアリングして動画系の音もEcho経由になりJBL1台の使用もなくなりました。
うーん、勿体ない。

実はEcho使用頻度が高くなっているものの、Echoスピーカーはなんとなく音が籠っているように聞こえるのです。
好みの問題ですが、私はJBLのさっぱりとクリアに聞こえる音のほうが好きです。
またJBLをUSB接続し常に充電状態にしておけば
自動的に電源オフにならず上記のような手間も発生しないと最近知ったので早速充電状態にしたままEchoとペアリングしました。
1
これでEchoの音は常にJBL Flip3の2台からステレオ音声で聞くことができます。
満足です。

JBL FLIP4 防水 Bluetooth ワイヤレス スピーカー
by カエレバ


Amazon Echo アマゾン エコー スマートスピーカー アレクサ
by カエレバ

Amazon Echoアレクサ(eremote mini)で家電操作

カテゴリ:
楽をしたいがために、Amazon EchoとともにeRemote miniも購入した私。

リビングとリビングに続いてる洋室の照明はリモコン式なので設定後、声での操作も問題なし。
ちなみに、リビングの照明は「リビング」、洋室の照明は「電気」がデバイス名です。
最初洋室の照明は「仕事部屋」でしたが、現在は「電気」にしています。
リビングの電気をつけたい時は、「アレクサ、リビング(の電気)つけて」
洋室のは、「アレクサ、電気つけて」
で操作可能です。

エアコン、そしてテレビのオン、オフ操作も照明同様問題なく声で操作できました。

ただオンオフだけで満足できない私は、
地デジ、BS、CS、ついでにチャンネル操作もEcho経由で操作してもらいたい。ぜひ。
とことん楽をしたいのです。リビングで寝そべりながら、声で「xxx」してと指示し自分は何一つ動かない。
これが理想的。

NHKとかでデバイス登録し操作しているのはどこかの口コミで拝見したのですが、
私の場合は、BS、CSもあるのでそれだと全チャンネル操作は非常に手間ですし、
何より局の名前を私がそんなに覚えられません。

私のリモコンには、地デジ、BS、CSそれぞれのチャンネルを1から12までに登録してあるので、
まずは地デジ、BS、CS、そして1から12チャンネルをeRemote miniの照明のオンに一つ一つ登録しました。
eRemote miniの名前は自分が管理しやすいように適当に変更し、
実際に操作するデバイス名はEcho側でやるのですがこれに時間がかかりました。

まず地デジ、BS、CSについて。
BSとCSは一文字以外同じなので聞き取りが難しいようで間違いばかりで正しく反応しないため、
最終的に、「地デジ」、「BS」、CSは「スカパー」と近い言葉は使わず登録したところ操作できました。
ただ、不思議なのが、地デジとBSは「地デジつけて」「BSつけて」といえば反応するのに対し、
スカパーは、「スカパーオン」じゃないと反応してくれません。なぜ?
よくわかりませんが、とりあえずこれは解決。

一番時間がかかったのがチャンネル操作。
1チャンネル、2チャンネルとこれを12チャンネルまで登録したのですが反応せず。
チャンネル2とか、いっちゃんねる、にちゃんねる、2番とかデバイス名を変えても反応せず。

なぜだー。と思いEchoの履歴を見てみると、Echoの理解の仕方に違いがある事がわかりました。
4
設定の下の方に履歴があり、ここに声で指示した履歴が残っています。
5

6
見てみると、どうやらEchoは数字を漢数字で理解しているようです。
ほーなるほど。
早速デバイス名も漢数字にして見たら、な、なんと反応し操作できるようになったのです。
履歴を見ながら理解しやすい言葉や字を探して最終的にデバイス上のチャンネルは以下の通り登録しました。

一、に、三、四、五、roku、七、八、九、十、十一、十二。

ほぼ漢数字です。そしてチャンネルとか余計なのも省きシンプルに数字だけにしました。
2と6は数字での認識が難しく、2はひらがなの「に」、6は「roku」と理解していることが多いのでこれにしました。

2、4、5がいまだにうまく反応しないときがあるのですが、2番、4番と数字と認識しやすい言葉をいうと、
「複数のデバイスが見つかりました。どのデバイスにしますか」と聞いてくるので、
その時に2とか4というと反応してくれます。
2、4、5以外は聞き取りもできていて操作も問題なくできています。

それからテレビの音量操作も私は別途作成しています。
照明としてテレビのオンオフ、音量操作を登録してあるのですが音量操作の時に
「アレクサ、テレビを明るくして」といわないと音量UPにしてくれないのです。
照明に登録しているので当たり前なのですが、
この言葉がぱっと思い浮かばず自然と言葉に出ないので新たに作成することにしました。

eRemote miniの照明に音量UP、Down、そして消音をオンに一つずつ登録します。
Echo側でデバイス追加した後、デバイス名を呼びやすい名前にして反応してくれればこれでOK。
指示するときには例えば「テレビのボリュームUP」とデバイス名登録した場合、
「アレクサ、テレビのボリュームUPして」といえば上手くいけば反応してくれるでしょう。

ただ、私は「テレビのボリュームあげて」のほうがしっくりくるのです。
デバイス名変更だけで指示する場合、
「アレクサ、テレビのボリュームあげて (を)して」と指示する必要があります。
うーん・・・違う。

ということで、この音量操作について定型アクションを作成することにしました。
実行条件を作成し、アクションに該当のデバイス名を登録すれば完了。
以下の定型アクションの実行条件を言えば、音量UP、DOWN、消音の操作ができるようになりました。

実行条件
「アレクサ、テレビのボリューム上げて」
「アレクサ、テレビのボリューム下げて」
「アレクサ、音消して」

音量UP、DOWNに「テレビの」が入っているのには理由があります。
最初消音の設定が「ボリューム消して」で操作できたので、
この流れで「テレビの」を付けずに「ボリューム上げて」「ボリューム下げて」で作成し操作できたのですが、
テレビの音量ではなくEchoの音量がUP、Downしてしまったのです。
違う違うそうじゃ、そうじゃない。ということで、「テレビの」をつけました。

これでテレビ、エアコン、照明をEchoで操作できるようになりました。

Echoで実際に家電操作してみて、よかったのは照明オンオフ、テレビの消音、それと全部消し。
消音ボタンの使用頻度は低いのでいざという時にリモコンのどこにあるんだっけ?
と探す手間がなくなった消音操作は便利。
照明オンオフはもともとリモコン操作できるものの電源スイッチで操作していたので移動の手間がなくなりました。
全部消しは定型アクションで登録したデバイスを消すというもの。
「アレクサ、全部消して」というと、私が登録している照明、テレビが消えます。
これすごく便利。


長くなってしまいましたが、操作できるようになるまでに時間はかかるし疲れます。
ただ、一旦操作できるようになるとうれしいし操作できるようになるまでの長い作業が楽しいとも思えます。
理想としている寝そべり動かずの操作に少し近づきました。
今後のアップデートでさらに便利になるといいなと思います。

追記メモ:2018/01/12
Echo言語: 英語でのチャンネル指示(one, two, threeなど)のほうが間違いがそれほどなく操作可能です。
ただ、英語にしてしまうと日本語対応のスキルやAmazonプライムMusicの日本語のプレイリストなどは認識できないため結局日本語へ戻しました。
指示する際に「xxxxして」だと認識するが「xxxxつけて」では認識しないことがある。逆もあり。
例えば、「アレクサ、地デジにして」では認識するが「アレクサ、地デジつけて」では認識しないなど。

LinkJapan eRemote mini (イーリモートミニ)
by カエレバ

Amazon Echo アマゾン エコー スマートスピーカー アレクサ
by カエレバ

このページのトップヘ

見出し画像
×