カテゴリ

カテゴリ:調理器具

フィスラー エディション (Fissler Edition) 4.5L 圧力鍋購入 - エレクトリック・タイマー付き -

カテゴリ:
ついに買ってしまいました。フィスラーの圧力鍋!

1

2

左がこれまで使用していたティファールの6L圧力鍋。
右が今回購入したフィスラー エディション 4.5L圧力鍋。
ティファールのほうが大きいですが、フィスラーのほうが若干重い。


このエディションデザインの圧力鍋は先日母と三越へ行った際に購入しました。
取っ手が違うものの性能はプレミアム4.5Lと同じになります。
ちなみにエディションデザインはネット上出てこなかったので三越以外国内販売していないのかもしれません。

Fissler フィスラー 圧力鍋 コンフォートプラス 4.5L
by カエレバ

プレミアムと同様、取っ手は簡単に取り外し可能で、蒸し器・三脚・料理ブック付です。
そして、エディションはエレクトリック・タイマーも付いてきます。

4

フィスラー キッチンタイマー エレクトリック・タイマー
by カエレバ

これがかなり便利。
何が便利かというと、加圧の状態(黄・緑・赤)を音で知らせてくれるところ。

フィスラーは黄・緑・赤の色で加圧の状態が確認できるようになっていますが、
とても静かなのでティファールのようにシューシューという音で圧がかかっているか判断できません。

私の場合、鍋に張り付いているわけではないので
音が鳴るまでは放置、鳴ったら火力を調整という音で知らせてくれるこの機能がありがたい。

ちなみに、加圧開始時(緑)に予め設定したタイマーのカウントも自動的に開始します。
加圧状態を目でみて判断している方はキッチンタイマーで問題なしですが、
他のことをしながらで目で確認できないという方にはおすすめ。


また、エディションデザインの取っ手が扱いやすく収納もしやすい。

購入を決める前にプレミアムの4.5Lも持ってみたところ、
取っ手位置の関係もあるのか若干エディションのほうが軽く感じました。

実際に手に取って確かめ、
そして大量仕入れの関係上プレミアムよりエディションの方が安かったためエディション購入となりました。

とても高価、いやかなりの高級調理器具です。
使いこなせるように精進せねば。

ジオプロダクト 両手鍋購入

カテゴリ:
両手鍋のテフロンが剥がれてきたのもあり、ジオプロダクトの両手鍋を購入しました。
ジオプロダクト GEO-22T 両手鍋 22cm Miyaco 宮崎製作所 GEO PRODUCT
by カエレバ
ジオプロダクト GEO-18T 両手鍋 18cm Miyaco 宮崎製作所 GEO PRODUCT
by カエレバ
見た目はクリステルがいいなぁーと思ったのですが鍋一つで余裕の一万超え。
即あきらめ、次の候補だったジオプロダクトとなりました。
自炊を心掛けているので 、作る量によって使い分けれるよう18cmと22cmを購入。

1
 
まだ数回しか使用していませんが、
沸騰したあと余熱で火が通るので以前に比べるとガス代節約にはなりそうです。
ただ気になっているのは、火加減によって持ち手、蓋が熱くなるということ。
中火以下で使用する鍋は初なので、まだ慣れておらず熱い持ち手や蓋に結構びっくりします。
回数をこなしていけば何とかなりそうですが、時間かかりそうです。。

ミキサー Oster(オスター) 4090-J購入

カテゴリ:
Oster 4090-Jを購入しました。

オスター ミキサー 4090-J
by カエレバ

毎朝青汁+冷凍バナナ+豆乳のスムージーを作り飲んでいるのですが、
その際に使っていたミキサーは数年前に購入したTESCOM TML 15。
壊れていないもののバナナがほとんど固形のままということがよくあるため購入することにしました。

Oster オスター アーバンブレンダー 450W
by カエレバ

最初は上記の四角ガラスジャー並行輸入品しようかと思っていたのですが、高価(4090-Jの2倍弱の金額)なのとガラスなので毎日手軽に使えるだろうかという点で最終的に4090-Jに。

1

ブレードは某口コミを参考に角度を変えました。

やはり平行輸入品と比べると見た目安っぽいです。
見た目重視であれば並行輸入品がいいと思います。

なるべく安くシンプルで手軽にスムージーが作れかつそのまま飲めるが希望の私は4090-Jです。
置き場所はあるので無問題ですが、実物は思っていたより大きかった。

2

とりあえず、早速作ってみました。
バナナは小さいのが少し残る程度でもうすこし時間をかければ問題ないかなと。
ミキサーとしての性能は私には必要十分です。
簡単にメリット・デメリットを。

メリット
  • 見た目安っぽいがすっきりシンプル。
  • ジャーが軽い。
  • ジャー、ブレード、ゴムを分解・洗浄可能。
  • ブレードをフタありタイプのガラスカップと装着・使用可能。
  • 部品ごとに購入可能でメンテナンスしやすい。
デメリット
  • 音がでかい。
TESCOMを使っていたせいか余計に大きく聞こえました。
ただ数秒~1分程度の使用なので慣れてしまえばどうってことないでしょう。

このページのトップヘ

見出し画像
×